埋没法の特徴

目元を触る人

糸で留めてラインを作る埋没法とは

一口に美容整形といっても色々な施術がありますが、二重まぶたにしたいと考える人も少なくありません。そして、美容整形には費用がかかるから、一生懸命働いて資金を貯める人も多いです。また、二重まぶたの整形手術を皮切りに、体の色々な部分を整えたいと希望する人もいるでしょう。ところで二重まぶたにする方法はいくつか存在しますが、もっとも一般的なのが糸で留めてラインを作る埋没法です。美容外科の多くが、学術的に認められた堅実な施術を提供しています。埋没法を実施すれば、ぱっちりした華やかなまぶたから、ナチュラルなまぶたまで、様々な形に対応することが可能です。埋没法の具体的な施術とは、極細の針及び髪の毛よりも細い医療用の極細糸を用いて、上まぶたを留めて二重まぶたにします。この方法の大きな特徴は、メスを使わずに施術できることです。そのため、痛みがほとんどなく、腫れも小さく抑えられるため体の負担が少ないメリットがあります。もちろん腫れが全くないわけではなく、むくみや内出血などを伴うことがありますが、それらは時間とともに改善していきます。また埋没法の費用は、糸で何か所留めるかによって変わってきます。そのため、カウンセリングを実施して、施術を受けたい人の要望をしっかり聞き出します。

美容整形の中でも二重まぶたの施術は、良く行われる内容の1つです。何故なら、初対面の時に重要視されるパーツは、目であることが多いからです。ぱっちりした目やナチュラルな感じの目など、人によってなりたい目様々です。一重だった目を二重に変えるだけでも、かなり印象は変わってきます。よし美しくなりたいと考えている人の中では、まず目から手を入れるという人も少なくありません。ところで二重まぶたの美容整形では、まずカウンセリングで希望の形を徹底的に話し合います。まぶたの形やライン幅や目の見開き幅など、希望を総合的にまとめて自然に仕上げていきます。二重まぶたにする方法で一般的なのは埋没法です。これは糸で留めてラインを作る施術方法であり、留めている糸を外せば、まぶたは元通りになるという特徴があります。そのため再度カウンセリングを受けて施術を行えば、新しいラインを作れるというメリットがあるのです。施術時間は糸を留める箇所にもよりますが、一般的には10〜20分程度で済むといわれています。局所麻酔を使って施術するため痛みはなく、施術時間も短いので体にかかる負担はとても少ないです。気になる費用はなりたい二重のラインによって変わってきます。しかし一般的な費用としては、数万円程度が相場です。

Copyright© 2020 施術実績や効果の内容から適切なところを選ぼう All Rights Reserved.